BLOG

ブログ

Pocket

 

憧れの『桜』で思い出を残そう

もうすぐ12月ですね。
街中はすっかりクリスマスモードでイルミネーションの
きれいな時期になってきました。

なのにもう桜?春の話は早すぎない?と
思うかもしれません。

が、そんなことはありません。
今回はそんな桜フォトのお話です。

 

大人気の桜

日本には四季があり、その美しさに惹かれてしまいます。
桜はその中でも特に人気があり撮影を希望される方も多いのです。
皆さんも毎年お花見をしたりするのではないでしょうか。
私も桜の時期は毎年どこで撮影しようか考えてしまいます。

桜の見頃はいつ?

そんな桜、いつが見頃なのでしょうか。

私が2018年、桜で撮影した地域の開花時期を見てみましょう。
東京(お台場、丸の内)⇨ 3/17
横浜(神奈川)⇨3/19
熊谷(埼玉)⇨ 3/22
長野(長野)⇨3/23
となっておりました。
ではこれに沿って・・・と思ってはダメです!
上記にあげた場所だけでも平年より平均8日も桜の開花が早かったのです。
去年カメラマン達は開花が早すぎてだいぶ悩まされておりました笑
※気象庁のホームページより

要はまだ正確にはいつが見頃かは正確にはわからないのです。
ただ関東(奥地を除く)であれば3月末が毎年見頃です。
また標高が高いところ、東北、であれば桜の開花も遅くなって行きますよ。

また桜の種類によっても見頃が変わってきます。

こちらは野平の一本桜。
桜の時期が早すぎて、咲いてる桜を求めてやって来ました。
(撮影地:長野県白馬村)


桜の種類によっても撮影が変わる

桜は日本だけでなくアジア各地に生息しており、国内だけでも600以上の品種が確認されてます。大きく分けると8種類になります

一般的に思い浮かぶ桜といえば『ソメイヨシノ』ではないでしょうか。桜前線でお馴染みの桜になりますね。

種類によって撮影が変わるとはどういう事というと、
桜の種類により、主に『色』『咲く時期』『咲く期間』が変わってきます。

写真の写りに大きく影響するのが色です。
濃いピンクは八重桜やヒカンザクラ、山桜などがおすすめです。
個人的には八重桜が好きですね。
特徴として丸っこく、色が濃く、ぼたっとしてます。
それがとても可愛いのです。
また結婚式の時に桜茶として出てきたりします。
こちらがその八重桜とのショット↓
(撮影地:東京都新宿御苑)

ソメイヨシノは色が白に近く、お天気が良すぎると
ピンクが出にくかったりします。
(そこはプロだから綺麗に見せます!ご安心を。)
こちらはソメイヨシノ 脇役に菜の花のショット↓
(撮影地:埼玉県熊谷市)

洋装前撮り ロケーションフォト


撮影場所の選び方

桜のおすすめなロケーションはどこでしょうか?
桜の名所はたくさんあり、どこで撮影しようか迷ってしまいますよね。
カメラマンからすると、『ズバリ人が少ないところ』
これに限ります!
そしてできれば平日が良いです。

例えば・・・カワヅザクラ。渋滞がすごく、到着するのも大変。
撮影を始めたら、人が背景に・・・。
(知り合いのカメラマン体験談)

千鳥ヶ淵もお花見する方は多いと思いますが、撮影にはあまり向きません。
とても人が多く、夜になると歩くのも大変でした。

近所の公園の桜、土手の桜、家の前の桜、
駅から遠いところの桜、学校の桜・・・
桜が咲いてるところはたくさんあります。

ただ名所でも撮影できるところもたくさんあります。
なのでカメラマンに相談しましょう!

あとは地元の人に聞くといい穴場を教えてもらえるかもしれませんね。

この写真は桜がちょうど満開だった日曜日の代々木公園です!
行ったことある方ならわかるかもしれませんが、大勢のお花見の方がいます。
が少しだけ咲いてた菜の花の前で撮影。
いいお仕事してくれて助かりました笑
(撮影地:東京都代々木公園)


撮影の時期に要注意

では桜フォトの予約は開花日が
わかってからの方がいいのでは・・・と
思い始めた方。それでは遅いのです!
なぜならば、桜の見頃は短く1週間保てばいい方なのです。
(ソメイヨシノの場合です)ですが撮影できるカメラマンの数は限られてます!
人気のカメラマン
だからこそ今のうちから
予約をしておく事をお勧めしてます。
それに今から予約をしておくと早割があるところも。
それは嬉しいですよね。

おすすめなのは桜の開花時期(ソメイヨシノ)から5日後ぐらい。(5〜7部咲きのイメージです。)
・開花が遅れても多少咲いてる。
・開花が早くなっても満開の時期、または散り際の桜フォトが撮れる
・咲ききってしまっても八重桜がある!

もはや自然との戦いなのです!


いざ、予約をしよう

撮影をすると決めたのならば予約をしましょう。

予約をする前に、撮影会社を選ぶ時に
確認したいことをあげて見ました。

・どこで撮影したいか。またはお任せか。
・衣装は私服、ドレス、和装のどれを着るか。
また借りるのか自分で用意するのか。
・桜の開花状況により、日程変更が可能か。
・雨だった場合の別日が設定できるか。

春は雨が降ることも多く、満開に近いと雨で
桜が散ってしまう場合もあります。
なので可能であれば別日も抑えておきましょう。

 

まとめ 撮影を楽しもう!

参考になりましたでしょうか。
桜の時期は短く、あっという間に散ってしまいます。
なのでぜひ入念に準備をして撮影に挑みましょう。
あとは全力で楽しむこと。
写真にはその空気も映ります。
撮影する側もされる側もその場楽しんでしまいましょう。

2019年桜の時期に撮影ご希望の方へ
開花時期に合わせ『予備日』を作ることにしました!
個人だからこそ日程も場所も自由。
詳細はお問い合わせくださいね。

 

 

桜でのロケーションフォトはこちらから
https://i-photoyou.com/plan/location/

 

Pocket

関連記事一覧

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial